学而篇第一-11.父ありて…

スポンサーリンク

現代語訳と原文・読み下し

先生が言いました。「子は父親の存命中、父が何をしようとしていたかを見、亡くなったら、何をしたのかを思い出すものだ。死後三年間、子が父の思いと行動に間違いを見つけない程度で、やっと父から見て望ましい子と呼べるに違いない。」


子曰。父在觀其志。父沒觀其行。三年無改於父之道。可謂孝矣。

子曰く。父りてこころざし、父みまかりて其の行ひを觀る。三年父改むること無からば、孝とべかなん

スポンサーリンク

語釈

「心」+「止」。心に止まっているもの、つまり本心。ここから派生して、「望み」「心に記す」「記録」の意味となった。

解説

この章は伝統的解釈のように、子へのお説教ではありません。
父ありて…2

盗賊稼業も孝行か?

すでに記したように、「孝」とは親にとっての子供の理想像です。父の死後、子が孝行ものになるのは望ましいでしょうが、「誰でもそうなるはずだ」とまでは孔子は言っていません。「子を可愛がらないと孝行者に育たないぞ」という、むしろ世の親への警告と受け取れます。

ここで孝行者と言える条件は「父の道を三年改めないこと」ですが、もし父親が悪党だったらどうするのでしょうか。盗賊働きをして「これが親孝行だ」と言い張る者を、孔子が許すはずがありません。世の父親が全て善人ではないのは、重々承知の上でこう言っているのです。

子供は親に育てられる以上、親の言動を他人以上に重く受け止めるのは自然です。しかしそれに思いが至らない親は、当時も珍しくなかったのでしょう。それにもかかわらず「いい子」を求めても、それは不自然だし出来もしないよと、孔子は世の親に説教しているのでした。

悲しんでいるのか見せ物か

孔子の時代、親が亡くなった際には三年間喪に服すのが作法でした。その間は粗末な小屋に住み、粗末な食べ物と衣類で過ごします。平民は普段からそうなのでしょうが、貴族はわざわざ粗末セットを揃えて、悲しみを表しました。つまり悲しみを見せ物にしているわけです。

孔子はそのような作法の家元で、それを教えてもいましたが、悲しみを見せ物にするのは、巧言令色同様、好まなかったでしょう。しかし弟子たちは、各家庭の葬儀や朝廷の儀式を取り仕切る仕事で生活していましたから、例によって孔子との間に意識のすれ違いがあります。

その弟子の一人が、この三年の喪をやめては、と言ったことがあります。お前は親が亡くなっても、平気なのかと聞かれた弟子は、平然とそうだと答えました。「それならやめたがいい。」弟子が去ったあと孔子は言います。「可哀想に。可愛がって貰えなかったんだな。」

もう一つ付け加えておきましょう。

従来の解釈には、重大な失敗があります。なぜなら、三年の喪が明けたら、親の遺言に従わなくていいことになるからです。儒教の国教化以降、論語は社会を理不尽に固める道具になりました。一時期の毛沢東語録のように、神聖な法律の一種のように扱われたのです。

でも法文なら条文の穴をつつかれます。「三年過ぎたら好き勝手していいと孔子先生がおっしゃってる」と反論されたら、判事は黙るしかなかったでしょう。こうした法の曖昧さが、列強による治外法権の強要を招き、そして現在の人治主義にまで尾を引いているように思えます。

法廷

十九世紀末の法廷 via http://db.nichibun.ac.jp/ja/d/GAI/info/GQ014/item/010/

付記

伝統的解釈

先師がいわれた。父の在世中はそのお気持を察して孝養をつくし、父の死後はその行なわれた跡を見て、すべてのしきたりを継承するがいい。こうして三年の間父のしきたりを改めず、ひたすら喪に服する人なら、真の孝子といえるであろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする