学而篇第一-14.君子は食に…

スポンサーリンク

現代語訳と原文・読み下し

先生が言いました。「〔同志諸君、〕君子は腹一杯の食事や心地のいい住まいを求めない。仕事が出来、言葉を惜しみ、自分の道を心得た人に親しんで心を正すものだ。すなわち、学びをいとわないことがその条件だ。」


子曰。君子食無求飽、居無求安。敏於事而愼於言。就有道而正焉。可謂好學也已。

子曰く。君子はじきくを求むる無く、すまひに安きを求むる無し。事すすどて言於愼み、有道みちあるものに就き正す。學を好むとなるのみ

スポンサーリンク

語釈

已(イ)

もとは農具のすきで、「やめる」「終わる」「すでに」の意味に転化された理由は、どの説もはっきりしない。文末では「のみ」と読み、すっぱりと言い切ることを意味する。

解説

伝統的解釈に大きな異議はありませんが、面白くもありません。

孔子の革命党宣言

伝統的解釈は「どういう者が学問好きか」を要点として捉えているのに対し、この新釈では「君子とはどういう者か」を要点として捉えます。理由は退屈だからではなく、「君子とは…」とその特徴を挙げて、「要するに」と、君子の条件をまとめたと思われるからです。

それについては、孔子の遠大な理想、もしくは野望がありました。単に「質素に暮らしよく働き学びを続けろ」という、つまらない人生訓ではありません。そう読めなくはありませんが、当の孔子にとって弟子はそうでなければ、孔子の同志にはなり得なかったからです。

その志とは、孔子の理想とする政治の実現でした。既存の君子=諸侯と新興勢力とがバランスを取って権力を維持していた当時、「礼」の通りに政治が運ばれた昔に返れとする孔子の主張は、諸侯にとっても新興勢力にとっても、はなはだ危険な復古的革命でした。

その同志となる条件は、学びをいとわないことだ、と孔子は宣言したのです。

孔子の「君子」像

論語にある君子とは何か、わかりにくいと言われます。その場に応じて、意味にかなりの違いがあるからです。孔子は弟子に呼びかける際、「諸君」という意味で君子と言いました。また人格者を意味することもあれば、身分としての貴族、役人を指す場合もあります。

弟子の多くが社会の下層階級で、学びによって出世しようと考えている孔子塾では、とりあえずの目標は貴族としての君子になることでした。つまりは諸国に仕官して、貴族の一員に加わることです。在野の君子もあり得はしますが、それはよほど志の高い者にのみ可能でした。

つまりほとんどの弟子にとって君子とは、職と身分がつきものだったわけです。孔子もそれは心得ていて、それゆえ本章で「有能でなければならない」と説きました。そうでなければ、就職さえ出来ないからです。しかしそれだけでは、孔子の求める君子にはなれません。

孔子は自らが政治家として失敗した後に、塾を開いています。その目的は生活費稼ぎと言うより、理想的政治の実現でした。すでに諸国の宮廷には、それなりに役人が揃っています。そこへ能力で入り込み、人格力で自分の理想を実現してくれる弟子を育てようとしたのです。

弟子に自立を求めた孔子

従って既存の役人のように、職や住まいに安住しベラベラしゃべっては革命の闘士にならず、孔子は困るわけです。地位や財産や娯楽に目がくらんで志が揺らいではならないのは、なおさらです。そのために孔子は、弟子の君子予備軍に自立した自我を確立するよう求めました。

だからこそ「学を好」まねばならないのです。人はとかく、自身がブレやすいからです。現在の自分が理想にかなっているか、自分の道を心得た人と比べて、常に修正が必要でしょう。そのためには謙虚に学ぶ姿勢を失ってはならない、それが私の求める君子だ、というのです。

ここで「私を手本に姿勢を正せ」とは言わなかったのがミソで、在野の隠者たちのように志や生活態度が違っても、孔子は排除しませんでした。つまり自分の道を確立した人であれば、誰でも諸君を正すに足る、と考えたわけで、孔子には「異端」という考えはありませんでした。

その「異端」の解釈については、その章で述べることにします。

付記

伝統的解釈

先師がいわれた。君子は飽食を求めない。安居を求めない。仕事は敏活にやるが、言葉はひかえ目にする。そして有徳の人について自分の言行の是非をたずね、過ちを改めることにいつも努力している。こうしたことに精進する人をこそ、真に学問を好む人というべきだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする