学而篇第一-15.貧しくして…

スポンサーリンク

現代語訳と原文・読み下し

高弟の貢先生が、孔子先生に質問しました。「貧乏でもおべっか言わない、金持ちでも威張らない、こういう態度はどうでしょう。」
先生答えて、「悪くないが、貧乏でも暮らしを楽しみ、金持ちでも礼儀正しく人と付き合うのを好む境地には、まだまだだね。」
重ねて質問。「先生のまとめた詩集『詩経』にこうあります、宝石の原石を切るように、削るように、カチ割るように、磨くように自分を仕上げていくと。この詩の言葉は、今の先生の教えと同じ事を言っていると思っていいんでしょうか。」
先生答えて、「賜くんや、まことにまことに、やっと私と詩を語れるようになったね。これらの言葉はね、何事にも修練の過去があれば、未来は自分次第で変えられるという本質を語っているんだよ。」


子貢曰。貧而無諂、富而無驕、何如。子曰。可也、未若貧而樂、富而好禮者也。子貢曰、詩云、如切如磋、如琢如磨。其斯之謂與。子曰。賜也、始可與言詩已矣。告諸往而知來者也。

子貢曰く。貧しくへつらふ無く、富みおごる無きは、何如いかん。子曰く。よきなるも、いまだ貧しくて楽しみ、富みうやののりを好む者にかざるなり。子貢曰く。詩に云ふ、「切るが如く、るが如く、たたくが如く、磨くが如し」と。かかいひ。子曰く。、始めてともに詩を言ふのみなりてんもろもろけるを告げ、來たる者を知る也。

スポンサーリンク

語釈

学而第一-15_1_002

「矢」+「口」。白川説では「口」を誓約書の容れ物と解し、矢と共に神掛けて誓うことという。藤堂説では矢が真っ直ぐに的に当たるように、ものごとの本質をズバリと言い当てること。

解説

伝統的解釈には、最後の一句に異議があります。

「告諸往而知來者也」の解釈

伝統的解釈では、最後の部分を「これオウを告げて、ライを知る者なり」と読み下し、「(子貢に)一つのことを示すと、次のことをすぐに察知する」と解釈します。しかしそれでは、子貢が引用した詩の内容を殺し、詩集まで編んだ孔子の言語感覚を捉え損ねてしまいます。

子貢が孔子に、さまざまな望ましい人物像を述べたのに対し、孔子は「まだまだだね」と答えています。それを受けて、宝石を磨き上げていく詩を子貢は引用したわけです。つまりまだまだの人間が、さらに人格を磨き上げていく道とは何か、詩で孔子に問いかけたわけです。

それに対して孔子が、「よくぞ言った!」と褒めているのですから、続きの言葉は、詩が歌った「もろもろ」に沿ったものと考えるべきでしょう。「宝石が原石から磨き上げられていくように、往ける=過去の修練が、その後に来たる人格完成の姿を示しているのだ」と。

ここで「諸」を従来のように、「これ」と単数の指示代名詞に読んでは、たたみかけるように言葉が重なる詩の列挙を捉え損ねます。また「始可與言詩已矣」の解釈では、「已矣」と言い切りの言葉が重なっている様を生かし、「まことにまことに」と訳しました。

学而第一-15_1_002

子貢と孔子

子貢は孔子塾で、一番才能があった弟子と言えます。仕官はしませんでしたが、自分で商売を営んで自立し、諸国の危機には外交的才能を発揮してたびたび戦争を防ぎ、孔子の望んだ理想実現に沿った活躍をしています。しかもその自分の才に驕ることなく、孔子を敬いました。

孔子の故国、魯の東隣にあった大国、斉の景公に、子貢が引見されたときのこと。


景公「そなたの師匠は誰か?」
子貢「孔子先生です。」
「孔子は賢いのか、あれは。」
「ええ、賢明でいらっしゃいます。」
「どのような賢さなのか?」
「よく分かりません。」
「なんじゃそれは。分からないなら、大した先生ではないではないか。」
「殿。殿は天の高さを、ご存じでしょうか?」
「知らぬわい。」
「でも天が高いことは、おわかりでしょう?」
「ま、そうじゃな。」
「それぐらい偉いんです。私の先生は。」
「…むむ、なるほど。」


景公は孔子の仕官願いを、家老の「儒者は口先ばかりで…」という反対論から断ったことがあります。この子貢とのやりとりは時期的にその前後どちらか、国外逃亡中だった孔子の、さらにその無名の弟子だった子貢を景公が引見したとは思えないので、後のことと想像できます。

それどころか、「あれは賢いのかのう」と首をかしげているような様子ですから、なおさら後のことだったと思えます。となれば、孔子放浪中の大活躍により、すでに名声が知れ渡っていた子貢が、ここまで褒めそやす孔子を手放したことを、後悔したかもしれません。

付記

伝統的解釈

子貢が先師にたずねた。貧乏でも人にへつらわない、富んでも人に驕らない、というほどでしたら、立派な人物だと思いますが、いかがでしょう。先師がこたえられた。まずひととおりの人物だといえるだろう。だが、貧富を超越し、へつらうまいとか驕るまいとかいうかまえ心からすっかり脱却して、貧乏してもその貧乏のなかで心ゆたかに道を楽しみ、富んでもごく自然に礼を愛するというような人には及ばないね。すると子貢がいった。なるほど人間の修養には、上には上があるものですね。詩経に、切るごとく、磋るごとく、つごとく、磨くがごとく、たゆみなく、道にはげまん、とありますが、そういうことをいったものでございましょうか。先師は、よろこんでいわれた。よ、おまえはいいところに気がついた。それでこそともに詩を談ずる資格があるのだ。君は一つのことがわかると、すぐつぎのことがわかる人物だね。

以下、訳者のメモです。
『說苑』善說
齊景公謂子貢曰:「子誰師?」曰:「臣師仲尼。」公曰:「仲尼賢乎?」對曰:「賢。」公曰:「其賢何若?」對曰:「不知也。」公曰:「子知其賢而不知其奚若,可乎?」對曰:「今謂天高,無少長愚智皆知高,高幾何?皆曰不知也,是以知仲尼之賢而不知其奚若。」
『韓詩外傳』卷八
齊景公問子貢曰:「先生何師?」對曰:「魯仲尼。」曰:「仲尼賢乎?」曰:「聖人也,豈直賢哉!」景公嘻然而笑曰:「其聖何如?」子貢曰:「不知也。」景公悖然作色曰:「始言聖人,今言不知,何也?」子貢曰:「臣終身戴天,不知天之高也;終身踐地,不知地之厚也。若臣之事仲尼,譬猶渴操壺杓,就江海而飲之,腹滿而去,又安知江海之深乎?」景公曰:「先生之譽,得無太甚乎!」子貢曰:「臣賜何敢甚言,尚慮不及耳!臣譽仲尼,譬猶兩手捧土而附泰山,其無益亦明矣;使臣不譽仲尼,譬猶兩手杷泰山,無損亦明矣。」景公曰:「善豈其然!善豈其然!」《詩》曰:「綿綿翼翼,不測不克。」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする