八佾篇第三-5.夷狄の君あるは…

スポンサーリンク

現代語訳と原文・読み下し

先生が言いました。「蛮族には君主がいるが、もし中華諸国に君主がいなくなっても、なお蛮族は中華に及ばないのだ。」


子曰。夷狄之有君。不如諸夏之亡也。
子曰く。夷狄えびすきみ有るは、諸夏ショカきにる也。

スポンサーリンク

語釈

諸夏

中華文明の諸国。「夏」は中華文明に則った衣と冠を付けた中華の人。

解説

従来の解釈には、二系統あります。

「不如」の解釈

一つは「夷狄だも君有り、諸夏の亡ぶが如きならず」と読む朱子の系統で、「蛮族すら君主が居るのに、中華は謀反人ばかりだ」と解釈します。その補強説明として宮崎先生は、論語の子罕9「もううんざりだ。蛮族の国に行ってしまおう」との孔子の言葉を提示しています。

もう一つは上掲のように、「蛮族に君主が居ようとも、居ない中華の国に及ばない」と解釈します。こちらを採用したのは、A「夷狄有君」・B「諸夏亡」が対句だからです。

子曰。A夷狄之有君、不如B諸夏之亡也。

つまり「AはBに不如=及ばないのだ」と言っている、と解釈しました。

これに対し宮崎先生は「不如」の解釈を、論語ではほとんどが「及ばない」の意味だが、子張篇20でははっきりと「のようでない」の意味で使っているから、本章もそうだ、と言います。

子貢曰。「紂之不善、不如是之甚也。是以君子惡居下流、天下之惡皆歸焉。」

しかし多数決原理と、歴史人物としての孔子が蛮族を卑しんでいたことを考え、ここでは「蛮族は劣り」の解釈に従います。

中華思想とは

文明地域の資源を狙って、蛮族が攻め込んでくるのは現在も、そして論語の時代も同じでした。当時はお金はありませんでしたが、蛮族は食糧や衣料品、人間や家畜を毎年のように奪いました。文明地域は生産が盛んだから人口も多く、奴隷にするにはうってつけだったのです。

八イツ第三-5_1_002
歴史上、中国人はある種の被害者意識を持つのが常識でした。つまり自分たちは宇宙の中心に住んでいて、最も輝かしい文明を築き上げている、その周囲を蛮族が取り囲んでいて、常に狙っているという意識です。これを中華思想と言います。

中華(中夏)とは、世界の中心の華やかな所、の意味です。周囲の蛮族は方角別に、東(チビども)・西ジュウ(大ガマ持って暴れ込む奴ら)・南蛮(わだかまっているヘビども)・北テキ(うっとうしい犬ころ)と呼び、それぞれの蔑称の訳は、複数の辞書で確認したものです。

北狄は犬ではなく、彼らの声の音写の可能性があります。北方の遊牧民は馬を駆る時、馬の励ましに声を上げるからです。東と西はまだ人間扱いされていますが、南北はされていません。古代中国人の悩みの種は、北の狄人と南の蛮人だったからです。

騎馬民族・北狄

北狄はその武力が、圧倒的な印象を中国人に残しました。その生活文化としては、騎馬という決定的な特徴がありました。その騎兵は速度が速く、鉄道・汽船と機関銃、そしてエンジン付き鋼鉄戦車が出来るまで、対抗できた農耕民の軍隊は、世界中にほとんどありませんでした。

騎兵はあっという間に迫ってきてあっという間に去ってしまい、迫ってくる時の衝撃力も驚異的です。だから農耕民は深く溝を掘り、あるいは延々と塀を押し立て、そこに隠れて矢を射かけるぐらいしか、対抗手段がありませんでした。それに用いた器械仕掛けの武器がです。
八イツ第三-5

そこで出来たのが長城です。孔子の当時は、村の周囲に溝ぐらいはあったでしょうが、長城と呼べるほどの防壁はなかったはずです。長い土塁程度の設備ですら整い出すのは、孔子から150年後から始まる戦国時代、都市国家群を脱し領域国家が出来てからでした。

その戦国諸国を秦の始皇帝が統一し、各国の土塁をつなげて万里の長城が出来ました。それ以前には、チョウの武霊王が強引に、貴族たちを乗馬させ騎馬隊を作っています。これは明治初期の日本人が、パン食をいやがった以上の文化的衝撃でした。

貴族はあの野蛮人の真似をするのか、とみんないやがりました。対して武霊王は、そうでもしないとまた北狄にやられてしまうぞ、と口を酸っぱくして言いました。結局王は政争に負けて殺されてしまうのですが、そこまでしなければならないほど北狄は脅威だったのです。

東夷・西戎・南蛮

次に夷人は中国東方の異民族ですから、我々日本人の事かと思ってしまいますが、孔子の当時、中国人の目はまだ、海の外には向いていません。中華の東の果ては一つに山東半島の斉で、もう一つが北京周辺の燕です。そこで両者ののまわりにいた蛮族を東夷と呼びました。

斉は周王を助けて王朝を築いた、史上指折りの軍師とされる太公望が立てた国です。その斉国から名家老の管仲が出て、さかんに東夷を討伐した結果、蛮族としては比較的東夷は知られていました。以上東夷と北狄を合わせて、蛮族の代表として夷狄と呼んだわけです。

一方西の戎人は、北狄ほどの難敵だった記録がありません。戎人の住みかは西と言うより、むしろ黄河上流と言った方がよく、黄河は途中で曲がりくねっていますから、場合によっては北からも攻めてきます。実際周王朝は一旦、戎人の一派、犬戎に滅ぼされています。

八イツ第三-9_4_002
再興の際に東の洛邑へ引っ越したのですが、もとの都、今の西安から西は空き家になり、管理者として諸侯が置かれました。のちに天下を統一する、秦のはじまりです。この殿様と一族は馬を飼って暮らし、中国人らしくないことから、他の諸侯から戎人呼ばわりされています。
のちの漢帝国の世、はるか西方のタクラマカンまで支配下に置くと、西の蛮族をと呼ぶようになります。大まかにトルコ・ペルシア系の人々で、長いヒゲが印象に残ったのでしょう、だから胡(あごひげ)人と呼ばれました。胡椒・胡麻・胡瓜は彼らが持ち込みました。

彼らは戎人と同じく北方にも住み、後漢滅亡後の混乱時代、中国北部になだれ込んで、やがて五胡十六国という諸国を立てては滅ぶことになります。おそらくは大規模な混血があったでしょう。孔子時代の中国人と、こんにちの中国人では、見た目が大きく変わっているはずです。

戎人呼ばわりされた秦の兵馬俑が、現代中国人そっくりなのもうなずけます。同時に中国語も大きく変わりました。日本で漢字に音が二つあるのも、南に逃げた人々が話した呉音と、混血した北方の漢音との違いです。

最後に南蛮です。のちの戦国時代に中国の南半分を占める大国・楚は、もともと蛮人と呼ばれ中国人ではありませんでした。言葉も違い、解読不能の文字が揚子江流域から発掘されています。また他の諸侯が”公”を称していたのに対し、楚は周王と対等の楚”王”を名乗りました。

論語の時代までの中国は、この南方の楚と北方の晋の南北対立が中心となって、歴史が進みました。その過程で楚は周の地位を認め、臣下の礼を取ることで中華の一員となりました。だからこそ孔子も仕官を求めたのですが、異民族としての蔑視は根強く残ったままでした。

付記

伝統的解釈

先師がいわれた。夷狄の国にも君主があって秩序が立っている。現在の乱脈な中華諸国のようなものではないのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする