八佾篇第三-8.いとしき笑みに…。

スポンサーリンク

現代語訳と原文・読み下し

高弟の夏先生〔本名:ボク商〕が先生に質問しました。「♪いとしき笑みは小粋にて、輝くまなこはあきらかに、しろいの顔にあやなせり。…これ、どういうことでしょうか?」

先生が答えました。「絵を描く時は、まず画材を白く塗った後で、ということだね。」「作法も同じく、人の生活のためなのでしょうか?」

先生が答えました。「〔秘められた歌の真意を明らかにし、後世〕我が名を高めてくれるのは君だね、商くん。これでやっと、君と詩を語り合う事が出来るようになったよ。」


子夏問曰。巧笑倩兮。美目盼兮。素以爲絢兮。何謂也。子曰。繪事後素。曰。禮後乎。子曰。起予者商也。始可與言詩已矣。
子夏問ふて曰く。うつくしき笑みにくちえんなるかなうるはしのまなこすずやか兮。しろいは以てかざりを爲す兮。何の謂ひぞ。子曰く。繪事えがきしろおくる。曰く。のりはたおくるる。子曰く。われを起こす者は商なる。始めてともに詩を言うのみならん

スポンサーリンク

語釈

巧笑倩兮。美目盼兮。素以爲絢兮

『詩経』衛風「碩人」に所載の詩。
「巧笑」は「作り笑顔」だが、ここでは「愛らしい笑顔」のこと。
セン」は容貌がすがすがしいこと。主に美男に対して用いる。
ケイ」は通常、置き字として読まないが、詠嘆の「かな」の意。南方の楚の歌によく用いられ、もともとは舌が二枚ある鳴り物。転じて合いの手の意味となり、「ヨイヨイ」とか「ほい!」と和訳できる。本章では北方の衛の歌であり、鳴り物の音を意味する可能性がある。
ヘン」は「キラキラしたまなこ」、また、そうした目で「待ち望む」。
「素」は「手つかずの白(糸)」。ここではおしろいのこと。同じ「もと」と読む漢字では、「本」は木の根もと、「元」は人の頭。「絢」は「とりどりの色模様」。

ここでは「名を高める」。

解説

伝統的解釈は本章の表面しか捉えておらず、誤訳と思われます。

本章のような部外者には何が面白いのかわからない話は、メモを取った当人や論語の編者だけに面白い楽屋ネタで、「ぼくらだけが知っている」という、儒者が自分たちの事情通ぶりを記録するつもりで残したものです。社会に儒者集団を宣伝するにも、都合がいい記事です。

引用詩の背景

子夏の出身は衛で、引用された詩が歌われた土地です。衛は殷王朝の都の跡地・朝歌にあった諸侯国で、大国ではありませんでしたが文化程度が高く、それゆえに内紛の多いお国柄でした。この詩も本章より200年ほど前に起こった、衛公室の内紛のさわりを伝えるものです。
八イツ第三-8_1_000
全文は以下の通りで、本章の引用部分は四言句部分の一部です。

碩人其頎、衣錦褧衣。
齊侯之子、衛侯之妻、東宮之妹、邢侯之姨、譚公維私。

手如柔荑。膚如凝脂。領如蝤蠐。齒如瓠犀。螓首蛾眉。巧笑倩兮。美目盼兮。

碩人敖敖、說于農郊。
四牡有驕、朱幩鑣鑣、翟茀以朝。
大夫夙退、無使君勞。
河水洋洋、北流活活。
施罛濊濊、鱣鮪發發、葭菼揭揭。
庶姜孽孽、庶士有朅。

斉の公室から衛の荘公に嫁いだ荘キョウの嫁入りを歌っていますが、本章と異なり「素以爲絢兮」がありません。「いちに、さんし」の節回しを考えると、句の数は偶数の方が調子がよく、元の歌には入っていたと考えられます。孔子と子夏はその本歌を語っているのです。

しかし詩に歌われた荘姜は子が出来ず、荘公は別の夫人を迎えて公子を儲けました。公子は荘姜に育てられてのちに衛の君主・桓公となります。その弟に州吁シュウクがいて、荘公に溺愛されました。その結果州吁は傲慢で乱暴な性格に育ち、荘姜や衛の国人に嫌われました。

そこで州吁は悪友と共に桓公を殺し、衛公の座を奪いました。しかし国人が従わないので不良仲間と共に陳国に行き、衛公の地位を周王に認めて貰うための仲介を依頼しようとしました。しかし悪友の父親は善人で、陳に事の次第を知らせ、州吁は悪友と共に斬られました。

「繪事後素」「素以爲絢兮」の解釈

「後」の解釈によって異なります。「絵事は素を後にす」と読み下せば、「絵を描いた後で白色を塗る」になります。これでは描いた絵を塗りつぶすことになり、理屈に合いません。「絵事は素におくる」なら、「絵を描く前に(下地として)白色を塗る」となり筋が通ります。

ここで詩の内容と合わせ考えます。「描く後に塗る」では「荘姜のしたことは手遅れだ」を暗示しますが、「前に塗る」なら「荘姜はあらかじめ悪党の州吁を排斥し、内紛はあったものの今の平和を衛にもたらした」を暗示することになり、賛歌としてふさわしくなります。

また「素以爲絢兮」を直訳すると「おしろいは模様を描いている」となりますが、素肌に白粉で模様を描くとは考えにくく、塗った上に紅などで装飾したと解釈するのが自然です。以上から「後」は「おくれる」と読むのが妥当でしょう。

論語時代での詩、とりわけ『詩経』の地位は、教養人がことあるごとにその一節を引用して話す、修辞の元ネタ帳のようなものでした。かつて文革期の中国人が『毛語録』を引用し、今も西洋人が聖書やキケロやシェークスピアを引用するようにです。

従って詩は歌であるだけでなく、そこに意味を暗示し聞き手を納得させるツールでした。加えて歌であるからには、孔子が器楽の稽古に励んだ際に言った、「志」が含まれています。本章で子夏が褒められたのは、美貌をたたえる詩に「志」を見つけたからに他なりません。

禮後乎の解釈

孔子が引用詩を『詩経』に収めたのも、子夏が気付いた「礼は後れる」を世間に暗示する目的があってのことでしょう。歴史書『春秋』を編んだ際、孔子は行間の暗示によって後世に名を残すつもりだ、と言ったようにです。この「禮後乎」には目的語がありません。

そこで歌われた荘姜の行動に、目的語を探します。荘姜は自分の子が出来なくとも、義理の子を衛公にまで育て上げ、乱暴者を遠ざけて内紛を避けようとしたのです。また衛の国人から愛されたから、その美貌を歌われたのです。孔子には礼にかなう女性と思われたはずです。

礼は人間関係をまろやかにし、ひいては社会を安定させるためにある、と孔子は考えていたからです。すると礼が後れる=礼の基本となるものは、人の生活や社会の安定にあるでしょう。つまり礼の条文やその実践は目的ではなく、生活や社会が目的だ、となります。

八佾篇3で「仁のない者に礼など無意味だ」と言ったのもそのためです。

「素以爲絢兮」が脱落したのは

最後に「素以爲絢兮」が『詩経』から抜け落ちた経緯ですが、孔子が始めから削ったか、『詩経』が伝えられる間に抜け落ちたかです。この部分は本章で語られた通り、この詩の「志」を暗示する重要な部分ですから、孔子が省いたと考えるのは無理があります。

音楽的にも上述のように、四言句を奇数で終えると調子が悪くなります。掛け合いのように「いちに、さんし!」「いちに、さんし。」と歌わないと、途中ではしごを外されたような印象を与えるからです。音楽に敏感な孔子が、歌を壊すような削除を行ったとも思えません。

しかし後世抜け落ちたとしても、儒者は本章を読んでいるのですから、抜けていることに気付かぬはずがありません。そこを補填しないまま放置したのは、入っていると都合が悪いか、入っていない方が都合がいいかのどちらかです。これは後者によるでしょう。

入っていることの都合の悪さが考えづらいからです。一方入っていないことによって、「修辞に必須の『詩経』がわかりたければ『論語』も読め、その際は我らに教授を乞うことをお忘れ無く」という、儒者の就職口や権威の拡大が見込めます。

九分九厘の仏僧がお経を日本語化しようとはしなかったように、経典類はわかりにくいからこそ、祭司にとってメシのタネになります。事情は儒教も同様で、論語を始めとする経典類が時代を下るにつれ一層難解になったのも、儒者の生活がかかっていたからでした。

付記

伝統的解釈

子夏が先師にたずねた。「笑えばえくぼが愛くるしい。眼はぱっちりと澄んでいる。それにお化粧が匂ってる」という歌がありますが、これには何か深い意味がありましょうか。先師がこたえられた。絵の場合でいえば、見事な絵がかけて、その最後の仕上げに胡粉をかけるというようなことだろうね。子夏がいった。なるほど。すると礼は人生の最後の仕上げにあたるわけでございましょうか。しかし、人生の下絵が立派でなくては、その仕上げにはなんのねうちもありませんね。先師が喜んでいわれた。商よ、おまえには私も教えられる。それでこそいっしょに詩の話ができるというものだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする