八佾篇第三-11.或るひと禘の説を問う。

スポンサーリンク

現代語訳と原文・読み下し

ある人が、禘の祭を詳しく教えて下さいと言いました。先生が言いました。「知りません。それを知っている人は天下にねえ、丁度こうやって示すようなものでしょうか。」先生は手の平を指さしました。


或問禘之説。子曰。不知也。知其説者之於天下也、其如示諸斯乎。指其掌。
あるひとテイときほぐしを問ふ。子曰く。知らる也。の説を知る者之天下にける、其れく示すが如き。其のたなごころを指させり。

スポンサーリンク

語釈

藤堂説では意義。宮崎説では詳しい内容。

解説

伝統的解釈は、原文の意図を取り間違えていると思われます。
八イツ第三-11_3_002

手のひらが暗示するもの

前章で考察したように、孔子が魯での禘開催そのものに反対していたとすると、孔子はその式次第を知っていたのに、答えたくなかったと解釈できます。おそらくは魯の朝廷からの問い合わせに、空の手のひらを指して「知るものは誰も居ません」と答えたのでしょう。

これは同時に自分の手のひらを指して、「私しか知らないよ」を暗示しており、よほど腹を立てていた事がわかります。となると魯では禘が行われていたのに、詳しい者が居なかったことになり、仮に周王の許可があったにせよ、よほどでたらめな祭だったのでしょう。

礼記に見る禘

なお伝統的解釈のように「禘を知るものは国を治めうる」と解する根拠は『礼記』にあります。記述の正確性はともかくとして、当時の論語塾の雰囲気をよく伝えていますので、訳を掲げることにします。題して「仲尼燕居チュウジエンキョ」(孔子先生、おうちでくつろぐ)。


八イツ第三-11_4_002
…先生がお家でくつろいでいると、おそばの子張、子貢、子游が、好き勝手に礼を語っていました。そこで先生。「コレコレ君たちや、礼とは何かをきちんと教えて上げるから、こちらへ来なさい。」「「「はい先生。」」」

普段は才子ぶりを発揮している子貢が、しおらしく尋ねます。「すみません、礼とは何でしょうか。」「性根しょうねはいいのに礼に合わないのを、ガサツと言う。腰が低いのに礼になってないのを、食わせ者のダマシと言う。」「…。」

「元気者が礼に合わないと、乱暴者になるが、これはまだいい。ダマシは世間のいたわりをダメにする。」「…。」

「子張くんや、君はいつもやりすぎだ。子夏くんは足りな過ぎだが…。テイ国の名家老、子産どのだって、母のように民を慈しみちゃんと食わせたけど、礼の躾けはできなかった。」

「どうすれば礼にかなうんですか?」と子貢。「礼だよ礼! 礼そのものが、どうすればいいか教えてくれる。」子貢はすごすご引き下がる。子游が進み出て、「すみません。礼は悪をよくわきまえ、よい事を全うする事ですか?」

「その通り。」「では具体的には何でしょう?」「天地の祭は、神様をいたわるのが礼。季節の祭は、ご先祖をいたわるのが礼。葬式は、死者をいたわるのが礼。村祭は、皆の衆をいたわるのが礼。宴会では、お客をいたわるのが礼。礼とはいたわりだ。」

「…だからね、天地と禘など季節の祭、その正しい礼に通じているなら、国を治めるなんて手のひらを指さすぐらい簡単だよ。となれば、家の中でも礼に従えば、年長は年下をいたわり年下は年長を敬う。夜、寝床で女の子を。」
八イツ第三-11_1_005
「「「?!」」」

「いたわってあげれば、家庭円満間違いなし。宮廷でも礼に従えば、役人はまじめに働く。王様が軍を率いて狩をするにも、礼に従えば兵隊もおとなしい。戦争だって礼に従えば、勝てるというものだ。礼に従えばこそ、政府にもけじめがつき、はかりも正しくなり、食べ物に旬が出来、音楽にリズムが付く。車はきちんと走り、神様もお供え物を得て、葬式もしめやかになる。意見を言えば仲間が出来るし、何するのか不明のムダ職も出来ない。政治もすべきことをするようになる。」

「…そう、礼とは正しい決まり事、ぶれない目盛りだ。礼さえわきまえていれば、事前に間違いがわかるようになって、すべての営みが、うまくいくようになるんだよ。」


付記

伝統的解釈

ある人が禘の祭のことを先師にたずねた。すると先師は、自分の手のひらを指でさしながら、こたえられた。私は知らない。もし禘の祭のことがほんとうにわかっている人が天下を治めたら、その治績のたしかなことは、この手のひらにのせて見るより、明らかなことだろう。

以下、訳者のメモです。
『禮記』仲尼燕居
仲尼燕居,子張、子貢、言游侍,縱言至於禮。子曰:「居!女三人者,吾語女禮,使女以禮周流無不遍也。」子貢越席而對曰:「敢問何如?」子曰:「敬而不中禮,謂之野;恭而不中禮,謂之給;勇而不中禮,謂之逆。」子曰:「給奪慈仁。」
子曰:「師,爾過;而商也不及。子產猶眾人之母也,能食之不能教也。」子貢越席而對曰:「敢問將何以為此中者也?」子曰:「禮乎禮!夫禮所以制中也。」
子貢退,言游進曰:「敢問禮也者,領惡而全好者與?」子曰:「然。」「然則何如?」子曰:「郊社之義,所以仁鬼神也;嘗禘之禮,所以仁昭穆也;饋奠之禮,所以仁死喪也;射鄉之禮,所以仁鄉黨也;食饗之禮,所以仁賓客也。」
子曰:「明乎郊社之義、嘗禘之禮,治國其如指諸掌而已乎!是故,以之居處有禮,故長幼辨也。以之閨門之內有禮,故三族和也。以之朝廷有禮,故官爵序也。以之田獵有禮,故戎事閑也。以之軍旅有禮,故武功成也。是故,宮室得其度,量鼎得其象,味得其時,樂得其節,車得其式,鬼神得其饗,喪紀得其哀,辨說得其黨,官得其體,政事得其施;加於身而錯於前,凡眾之動得其宜。」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする