八佾篇第三-15.子、太廟に入り…

スポンサーリンク

現代語訳と原文・読み下し

先生が魯公の祖先を祀ったお社に入り、何かをするたびに、どうすればいいか役人に聞きました。ある役人が言いました。「誰だよ、鄹の田舎者の小せがれが、作法を知ってるなんて言ったのは。何かと聞いてばかりじゃないか」。

先生がこれを聞いて言いました。「これこそが作法なんです。」


子入太廟、毎事問。或曰。孰謂鄹人之子知禮乎。入太廟、毎事問。子聞之曰。是禮也。
太廟タイビョウり、事ごとに問ふ。あるひと曰く。たれ鄹人スウひと之子うやののりを知ると。太廟に入り、事毎に問う。子これを聞きて曰く。これのり也。

スポンサーリンク

語釈

「みたまや」と読み、君主の祖先を祀った社殿で、とりわけ始祖の社殿を太(大)廟と言う。位牌に当たる神主シンシュ(かんぬしではない)が安置され、古くは朝廷がここで開かれた。

孔子の父、シュク梁紇リョウコツの出身地。漢文ではある土地のの出身者を言う時、「鄹人スウひと」のように重箱読みする。

解説

伝統的解釈に異議はありません。

礼とは何か

本章で孔子が示したのは、礼は作法だけではないことです。儀式や日常の作法は、当時文章化されていましたが、孔子がまとめるには至りませんでした。従って明文化されない礼があり、一々聞くのも礼なのです。つまり礼には二種類あって、いずれも価値があるというのです。

これまで、礼の読み下しを「のり」「うやののり」と分けてきました。「のり」=法で、法律ではなく時空間を超えて共通する原則のことです。仏教が中国に入って来た時、中国人は仏教の真理「ダルマ」に、「法」の字を当てました。一方「うやののり」は敬い方のことです。

いわゆる儀式やお作法一般を指します。論語で言う「礼」は、この二つを含んでいます。時空間を超えて人と人との関係を良くするのりのうち、お作法部分だけがうやののりなのです。ベン図を書く所の「AはBに含まれる」というやつです。しかし中国人は、論理が不得意でした。

ですから孔子は小手先のお作法ばかりに習熟するのではなく、普遍の原則に目を向けよ、と説いたのに、多くの弟子たちには理解されませんでした。これは中国文明の特徴でもあります。とりあえず役に立てばいい、儲かればいい、という実利主義です。

弟子たちだけではありません。孔子から180年ほど後の孟子モウシと魏王の対話にあります。「遠い所を、何ぞおトクな話でもご教示に来て下さったのかな?」と迎えた魏王に、孟子は「なんとまあ、欲が深すぎますぞ王様。どうして普遍の原則、仁と義をお求めなさらぬ?」

それでも中国人は、原則を受け付けませんでした。法律が出来れば、その網をかいくぐることを考え、政敵はその言動行動が正しくとも、悪口で引きずり下ろす。議論も同様で、揚げ足取り・でっち上げ・無茶な例外の提示で、言いくるめる技術ばかり発達したのです。

だから、古代は世界の最先端を行っていたのに、紙・羅針盤・火薬を発明したあとは、パタッと進歩が止まってしまいました。論理学も言葉遊びで終わってしまい、「白馬は馬かそうでないか」という、空理空論をもてあそぶばかりで、逆裏対偶にもたどり着けませんでした。

八イツ第三-15_31920年代の北京

1920年代の北京 via https://www.flickr.com/photos/internetarchivebookimages/

付記

伝統的解釈

先師が大廟に入って祭典の任に当られた時、事ごとに係の人に質問された。それをある人があざけっていった。あの鄹の田舎者のせがれが、礼に通じているなどとは、いったいだれがいいだしたことなのだ。大廟にはいって事ごとに質問しているではないか。先師はこれをきかれて、いわれた。慎重にきくのが礼なのだ。

以下、訳者のメモです。
『孟子』梁惠王上
孟子見梁惠王。王曰:「叟不遠千里而來,亦將有以利吾國乎?」
孟子對曰:「王何必曰利?亦有仁義而已矣。王曰『何以利吾國』?大夫曰『何以利吾家』?士庶人曰『何以利吾身』?上下交征利而國危矣。萬乘之國弒其君者,必千乘之家;千乘之國弒其君者,必百乘之家。萬取千焉,千取百焉,不為不多矣。苟為後義而先利,不奪不饜。未有仁而遺其親者也,未有義而後其君者也。王亦曰仁義而已矣,何必曰利?」
Caption
Image from page 296 of “Peking : a social survey conducted under auspices of the Princeton University Center in China and the Peking Young Men’s Christian Association” (1921)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする