八佾篇第三-21.哀公、社を宰我に問う。

スポンサーリンク

現代語訳と原文・読み下し

魯の若い殿様、哀公が、鎮守の森について、先生の弟子、宰我に問いました。宰我が答えて言いました。「夏王朝ではマツを植え、殷王朝ではヒノキを植えました。周になるとクリを植えましたが、クリで民をビックリさせたんですねえ。」
先生がこれを聞いて言いました。「宰我の奴、やってしまったか。何を言ってもしょうがない。やらかしてしまったか。もう叱ってもしょうがない。済んでしまったことを、あれこれ言ってもしょうがない。〔人の命をなんだと思っているのだ!〕」


哀公問社於宰我。宰我對曰。夏后氏以松。殷人以栢。周人以栗。曰使民戰栗。子聞之曰。成事不説。遂事不諫。既往不咎。
哀公アイコウやしろ宰我サイガ問ふ。宰我こたへて曰く。夏后カコウショウを以てす。殷人インひとハクを以てす。周人シュウひとリツを以てす。曰く民を使戰栗センリツせしむ。子これを聞きて曰く。成れる事は説か。遂げし事はいさめ不。既にけるはとがめ不。

スポンサーリンク

語釈

土地神を祭る鎮守の聖域。本来は土の生産力を祭ったもの。のち、その土地によく育つ樹木を中心に植えて、かたしろ(木主)とした。

ヒノキに似た常緑樹。

戦栗

怖がって震え上がる。「戦」はおどおどして震え上がる。「栗」は「慄」と同じで、刺されはせぬかとひやひやすること。

つくりはカンと読み、善し悪しを分ける、おさえるの意。全体で言葉について善し悪しを分け、あやまちを正し、文句をつけておさえ止める。いさめる。

「各」は「格」(ひっかかる)の原字で、歩く人の足が固い石につかえた姿。そこに「人」がつき、障害につかえて順調な進みが曲がること。差し障り、とがめる。

解説

おきて」より「あわれみ」が優先される

孔子がなぜ激怒したかについては、二つ考えられます。

八イツ第三-21_1_002
一つは宰我が「栗」と「戦栗」のだじゃれを言ったことで、君主との問答に不謹慎ではないか、ということです。孔子にとっては礼に則り、謹厳な態度と真心で仕えるべきを殿様だじゃれでたぶらかすのは、芸人が君主をたぶらかすに等しい罪になるわけです。

それどころではない、と藤堂先生は言います。本章の「社」は殷の遺民が残したハクという森ですが、焼けてしまいました。そこで哀公は復旧のため宰我を呼んだのですが、当時の鎮守の森は処刑場でもあり、暗に門閥家老三家を処刑してしまえ、とそそのかしたのだと言います。

周以来の礼に定められているとはいえ、だじゃれで「今の世では害にしかならない、殺伐とした話を殿様に勧めるものではない」と藤堂先生は解釈しています。ここから孔子にとって、「礼」は譲れぬ規範でありながら、「仁」を損なってはならないとする考えを読み取れます。

ヨウつくる」と孔子の死生観

兵馬俑1号坑 Photo by ©Tomo.Yun  http://www.yunphoto.net

孔子が周の文化にうっとりするほど好感を持ったのは、夏・殷と異なり人道主義があったからでした。従って同じく古礼にあることでも、権力者の葬儀に人身御供を供える、殉葬ジュンソウに強く反対した事を伺わせる史料があります。

孔子謂く、「明器(副葬品)を為る者は、喪の道を知り矣か、物を備へ而用ひ可から不る也」。哀しい哉、死者に而て生者之器を用ふる也。殉に用ふる於殆か不らん乎哉。其れ明器と曰ふは、神のひかりそれ也。塗車(車のはにわ)、芻靈(わら人形)古自り之有、明器之道也。孔子謂く、「芻靈を為る者は善し」、謂く「俑(写実的な土人形)を為る者は仁なら不」。人を用ふる於殆か不らん乎哉。(『礼記』*檀弓下)

(孔子が言った。「自分のために副葬品を作らせた者は、葬儀の何たるかをきっと知っていたのだろう。作らせても実用品ではなかった」。悲しいことだ、死者が生者の道具を使うとは。生者を殉葬するのとほとんど同じだ。そもそも明器とは、神の明らかに見通す力そのものだ。車のはにわ、お供のわら人形、これらが昔からあるのは、副葬品のあるべきことわりを示すものだ。だから孔子は言った、「つたないわら人形を作らせた者はよろしい。だが写実的な土人形を作らせた者にはあわれみの心がない」。いずれ本物の人を生き埋めにするようになるぞ!)

『礼記』の史料としての価値はともかく、本章を参照する限り、孔子がこう言ったとしても無理がありません。孔子が「外出にはトサカをかぶれ」に近い無茶を言ったのは事実でも、「死人はものと同じ」という周になって初めて中国に出現した合理主義の人でもあったのです。

今も紙銭を燃やすように、死者は生前同様に飲み食いし金を使う。これが現在に至るまでの中国人の死生観ですが、2500年前の孔子はすでに、死者は何も語らない、いたみはしても、それゆえ生きている人間が犠牲になるとは愚かしい、それは見せ物だ、と喝破していたのです。

華北の気候と祭祀

さて本章の植物について、孔子が住まった華北は、気候的にクリのような広葉樹より、針葉樹のマツやヒノキが合うはずです。日本の気候はどちらかと言えば、長江文明圏と同様に、温暖湿潤コメが良く育ち、大地は森で覆われます。対して華北は冷たく乾燥し、ムギが育つ。

八イツ第三-21_2

山西省大同の風景。©Azchael via https://www.flickr.com/photos/azchael/14229939788/

大地も黄土のおかげで肥えてはいますが、森は少なく見晴らしがいい。こういう風土では木の実を拾ったり、釣ったり狩ったりして暮らすのは容易ではなく、汗水垂らして土地を耕し、輪中を作って洪水から身を守るしかない。だから概して、華北はまじめ、華南は陽気です。

なお土地神は穀物神とまとめて社稷シャショクと呼ばれ、祖先のみたまや=ビョウと共に殿様たちが祭りました。一方天の神は本来、周王のみが祭るもので、ここから社稷は人の住まう国家や、その主権を意味するようにもなりました。廟堂が朝廷を意味するようになったのと同じです。

神事に関わるあれこれは、時代と共に神の手から人の手へと移りました。殷の時代、骨占いの作業は神官(貞人テイジン)が行いましたが、ヒビ割れの判断は殷王が行わないと、当たらないとされました。中には何十日も過ぎて、その通りになった、と文字が刻んである骨もあるようです。

周になるとさすがに骨占いは怪しまれ、当時としては合理性のある易に取って代わられました。孔子も五十代からは、易の勉強に励んだと言います。そうした合理主義・人道主義は、人に古礼を疑わせる思想でしたが、この点では孔子も復古を唱えず、時代と共にあったのです。

付記

伝統的解釈

哀公が宰我に社の神木についてたずねられた。宰我がこたえた。夏の時代には松を植えました。殷の時代には柏を植えました。周の時代になってからは、栗を植えることになりましたが、それは人民を戦慄させるという意味でございます。先師はこのことをきかれて、いわれた。できてしまったことは、いっても仕方がない。やってしまったことは、いさめても仕方がない。過ぎてしまったことは、とがめても仕方がない。

*《武英殿十三經注疏》本《禮記正義》via https://ctext.org/pre-qin-and-han/zh

現代の中国映画に描かれた殉葬(再生時間約1分半)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする