八佾篇第三-22.管仲の器は小さきかな。

スポンサーリンク

現代語訳と原文・読み下し

先生が言いました。「管仲の器は小さいなあ」。ある人が言いました。「管仲はつつましい人ですか?」「とんでもない。管仲には屋敷が三つもあって、使用人は仕事をそれぞれ一つしかしないほど居た。どうしてつつましいと言えるだろう?」
「でも管仲は、お作法ぐらいは知っていたんでしょう?」「とんでもない。門の内側に目隠しの塀を建てるのは、殿様だけのはず。ところが管仲も建てた。殿様は互いに固めの杯を交わしたあと、杯を返して反坫の台に置く。ところが管仲の屋敷にも反坫があった。管仲がお作法を知っているというなら、誰だって知っている事になってしまうよ?」


子曰。管仲之器小哉。或曰。管仲儉乎。曰。管氏有三歸。官事不攝。焉得儉。然則管仲知禮乎。曰。邦君樹塞門。管氏亦樹塞門。邦君爲兩君之好。有反坫。管氏亦有反坫。管氏而知禮。孰不知禮。
子曰く。管仲うつわは小さきかなあるひと曰く。管仲つつまし。曰く。管氏に三つのやしき有り。やかたびとは事をねさせいずくんぞ儉きを得ん。しからば則ち管仲はうやののりを知る乎。曰く。邦君だいみょうかどふさぎをつ。管氏た門の塞ぎを樹つ。邦君は兩君かたみよしみを爲すに、反坫ハンテン有り。管氏亦た反坫有り。管氏にて禮を知らば、たれか禮を知ららん。

スポンサーリンク

語釈

歸(帰)

箒(ほうき)+阜(土盛り)+足。土盛りの上にある家。女性が箒を持っていそいそと家事をするさま。つまり、家。

=館。

攝(摂)

「とる」と読み、兼任する事。

塞門

門の目隠し。「屛」と記す。
八イツ第三-22_1_002

反坫

飲み終えた杯を逆さにして(反)置く台。「坫」は「占」(場所を決めて置く)+(土)で、土で作った置き場を示す器具。

解説

伝統的解釈に異議はありません。

覇業も「礼」の免罪にならない

管仲は孔子より一世紀前の、諸国の動乱を鎮め、主君桓公を覇者の地位に押し上げた斉の名家老。蛮族を討伐したことから、孔子も「もし管仲が居なかったら、今ごろむさくるしい蛮族の格好をするざまになっていただろう」と言いました。その管仲の器が小さいと言うのです。

その理由は、家老格の分を超えた、礼に背くぜいたくにあると読み取れます。各身分が分を超えた振る舞いや生活を求めるようになったから、天下が乱れたという孔子の世情認識が本章にも現れています。しかしその振る舞いを、管仲個人の器に求めるのは、やや酷です。

管仲の生活ぶりは、むしろ押し付けられたからと言っていいからです。管仲は桓公のみならず、周王からもその功績をたたえられ、褒美に官職を授かっています。しかし管仲は

臣は賤しき有司也。天子之二守なる國、高の在る有り。若し春秋を節とし來りて王命を承かば、何を以てか禮ならん焉。陪臣敢えて辭す。(『史記』周本紀)

(やつがれはいやしい小役人に過ぎません。天下の守りとなる二大臣に、国どの、高どのがすでにおられます。もしやつがれ如き諸侯の役人が、春秋の折りに周王陛下じきじきのご沙汰を伺うようなことになれば、どうして礼にかなうと言えましょうか。陛下のしもべたる我が主、そのしもべである私は、たってお断り申し上げます。)

と断っています。孔子はこれを知っていたでしょうが、それでも礼に背くと思ったのでした。

君たるは難いかな

となれば本章は孔子の博識を示すと共に、礼に対する厳格さを表しています。しかし孔子以外の世間からは、史上初めて覇者を登場させたこと、そして衰えた周王に対しへりくだっていたことから、名家老として管仲は変わらず評価されました。しかし用いる桓公も大変です。

有司の齊桓公於事を請ふあり。桓公曰く、「以て仲父に告げよ」。有司又請ふあり。公曰く、「仲父に告げよ」。是の若き三たびあり。習ふ者曰く、「一に則ち仲父、二に則ち仲父。君為るは易き哉!」桓公曰く、「吾未だ仲父の難きに則るを得ず、已に仲父之後を得。曷ぞ其れ易から不すと為す也」。桓公管子を得て、事猶ほ大に易し、又況や道術を得るに於ける乎。(『呂氏春秋』任数)

(役人が桓公に決済を乞う。桓公は言った。「仲父=わが父の如き人、管仲に乞え。」役人がまた決済を求めた。公は言った。「仲父に乞え。」このようなことが三度あった。桓公の近習が言った。「一に仲父、二に仲父。殿様稼業も楽でございますなあ。」桓公が言った。「確かに仲父のような難しい政才は持たぬ。だがすでに、気むずかしい仲父の後ろ盾を得ている。その苦労は並大抵ではない。政務が簡単になるのも当然だ。」桓公は管仲を得ても、事はそう簡単ではなかったのだ。君主たる者の政務の要点をつかむ困難さはなおさらだ。)

君主は必ずしも自分が政才に長けている必要は無く、有能な家臣が居ればそれで十分なのですが、有能な者ほど人の言うことを聞きませんから、君主稼業も楽ではありません。従って君主は我をおさえておおらかを演じねばならず、賢臣ならばそのわだかまりを感じます。

臣たるも易からず

『封神演義』の訳で知られる安能努先生は、管仲は桓公とのわだかまりを、死去に当たって解こうとした、と言います。なにかと手足を縛られた桓公には内にこもった鬱があるだろう、せめて自分の努めた宰相職の後継ぐらい、自由に決めさせてやろうと。

管仲病みて、桓公問ふて曰く、「群臣誰か相なる者とす可きか」。管仲曰く、「臣を知るに君の如き莫し。」公曰く、「易牙は如何」。對へて曰く、「子を殺して以て君に適む、人の情に非るなり、可なら不。」公曰く、「開方は如何」。對へて曰く、「親に倍きて以て君に適む、人の情に非るなり、近けるに難し」。公曰く、「豎刀は如何」。對へて曰く、「自ら宮して以て君に適む、人の情に非るなり、親むに難し。」管仲死し、而て桓公管仲の言を用ひ不、卒に三子を近く用ゆ、三子は權を專らにす。(『史記』斉太公世家)

(管仲が死の床にあるとき、桓公が問うた。「群臣の中で誰を宰相にしようか。」管仲が言った。「家臣を知るのに君主に及ぶ者は居ないと言います。好きなようにお決めなさい。」公が言った。「では易牙はどうか。」応えていった。「自分の子を蒸し焼きにして殿に勧めた男です。人でなしですから、いけません。」公が言った。「開方はどうか。」応えて言った。「国を捨てて殿に仕えたのです。人でなしですから、近づけてはいけません。」公が言った。「豎刀はどうか。」応えて言った。「自分で去勢して殿に近づいたのです。人でなしですから親しんではいけません。」管仲が死んで、桓公はその言葉に従わず、すぐさま三人を用いた。これで三人は、権力を欲しいままにした。)

その結果桓公は、病んだすきを三人に利用され、一室に閉じこめられて飲食を断たれ、死んでも放置されたままというむごい最期を遂げることになりました。この史実を孔子も知っていたでしょうから、「覇業を成し遂げた管仲も、結局は臣下としてダメだ」と判断したのです。

だから論語でも子路篇10に、「君たるは難く、臣たるも易からず」と言っているのです。桓公と管仲のコンビのように、名君と名宰相の組み合わせはめったになく、どちらが欠けても成り立たない、ならば礼に従って君臣関係を築いた方が、よほど実用的だという事でしょう。

付記

伝統的解釈

先師がいわれた。管仲は人物が小さい。するとある人がたずねた。管仲の人物が小さいとおっしゃるのは、つましい人だからでしょうか。先師がいわれた。つましい? そんなことはない。管仲は三帰台というぜいたくな高台を作り、また、家臣をおおぜい使って、決して兼任をさせなかったぐらいだ。すると、管仲は礼を心得て、それにとらわれていたとでもいうのでしょうか。そうでもない。門内に塀を立てて目かくしにするのは諸侯の邸宅のきまりだが、管仲も大夫の身分でそれを立てた。また、酒宴に反坫を用いるのは諸侯同士の親睦の場合だが、管仲もまたそれをつかった。それで礼を心得ているといえるなら、誰でも礼を心得ているだろう。

以下、訳者のメモです。
『史記』刺客列傳
齊桓公許與魯會于柯而盟。桓公與莊公既盟於壇上,曹沫執匕首劫齊桓公,桓公左右莫敢動,而問曰:「子將何欲?」曹沫曰:「齊彊魯弱,而大國侵魯亦甚矣。今魯城壞即壓齊境,君其圖之。」桓公乃許盡歸魯之侵地。既已言,曹沫投其匕首,下壇,北面就群臣之位,顏色不變,辭令如故。桓公怒,欲倍其約。管仲曰:「不可。夫貪小利以自快,棄信於諸侯,失天下之援,不如與之。」於是桓公乃遂割魯侵地,曹沫三戰所亡地盡復予魯。
周本紀
齊桓公使管仲平戎于周,使隰朋平戎于晉。王以上卿禮管仲。管仲辭曰:「臣賤有司也,有天子之二守國、高在。若節春秋來承王命,何以禮焉。陪臣敢辭。」
斉太公世家
管仲病,桓公問曰:「群臣誰可相者?」管仲曰:「知臣莫如君。」公曰:「易牙如何?」對曰:「殺子以適君,非人情,不可。」公曰:「開方如何?」對曰:「倍親以適君,非人情,難近。」公曰:「豎刀如何?」對曰:「自宮以適君,非人情,難親。」管仲死,而桓公不用管仲言,卒近用三子,三子專權。
『呂氏春秋』 任数
有司請事於齊桓公。桓公曰:「以告仲父。」有司又請。公曰:「告仲父」,若是三。習者曰:「一則仲父,二則仲父,易哉為君!」桓公曰:「吾未得仲父則難,已得仲父之後,曷為其不易也?」桓公得管子,事猶大易,又況於得道術乎?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする