八佾篇第三-23.魯の大師に楽を語りて曰く。

スポンサーリンク

現代語訳と原文・読み下し

先生が魯国の宮廷楽団長に、器楽について言いました。「演奏の要点はむつかしくはありませんぞ。鳴り始めは、各楽器は他の楽器と争わぬよう、静かに始めなされ。そしてその縛りを解いた時、各楽器は混じりけのない音で、はっきりと、切れ目無く奏でなされ。それでまとまります。」


子語魯大師樂曰。樂其可知也。始作翕如也。從之純如也。皦如也。繹如也以成。
子、魯の大師うたのかみいとたけを語りて曰く。樂はれ知るき也。始めおこすや、翕如キュウジョたりこれはなつや、純如ジュンジョ也。皦如キョウジョ也。繹如エキジョ也。以て成る。

スポンサーリンク

語釈

~というさま。「翕如」は羽+合で、鳥が羽根を合わせるさま。一つにまとまるさま。「純如

」は混じりけのないさま。「皦如」は激しく白い=鮮明ではっきりしたさま。「繹如」は糸のようにつらなること。次々と続いて絶えないさま。

從(従)

「縦」と同じ。束縛を解いてのばす。ゆるめる。

解説

伝統的解釈は、やや苦しいように感じます。

孔子の語る音楽の技術論

論語の言葉は短いものが多いだけに、そこに想像を加えて意味を引き出すしかありません。しかしそれを2500年も儒者が続けると、何でもない言葉から壮大な思想や史実を引きだすのが当たり前になりました。これを微言大義といいますが、本章はそうすべきではありません。

本章の言うところは、孔子にとって徹頭徹尾音楽の技術論です。しかし音楽の要点は言葉にならない暗黙知であり、訳者はせいぜい個人の趣味を言えるに過ぎませんから、実例を挙げて解説の代わりとします。まず本章を意識して復元されたと思われる中国の古楽。

『詩経』鄭風「子衿」

打楽器主体で「翕如」とはややおもむきが異なりますが、それでも音を合わせてのち「純如」「皦如」「繹如」の例として、イスマイル・ハック・ベイ「ジェッディン・デデン」。

西洋音楽からオットリーノ・レスピーギ「ローマの松」第4楽章”アッピア街道の松”。

付記

伝統的解釈

先師が魯の楽長に音楽について語られた。およそ音楽の世界は一如の世界だ。そこにはいささかの対立もない。まず一人一人の楽手の心と手と楽器が一如になり、楽手と楽手とが一如になり、さらに楽手と聴衆とが一如になって、翕如として一つの機をねらう。これが未発の音楽だ。この翕如たる一如の世界が、機熟しておのずから振動をはじめると、純如として濁りのない音波が人々の耳を打つ。その音はただ一つである。ただ一つではあるが、そのなかには金音もあり、石音もあり、それぞれに独自の音色を保って、決しておたがいに殺しあうことがない。皦如として独自を守りつつ、しかもただ一つの音の流れに没入するのだ。こうして時がたつにつれ、高低、強弱、緩急、さまざまの変化を見せるのであるが、その間、厘毫のすきもなく、繹如としてつづいて行く。そこに時間的な一如の世界があり、永遠と一瞬との一致が見出される。まことの音楽というものは、こうして始まり、こうして終るものだ。

なお宮崎先生は、「わかるかこんなの」とばかりこう訳しています。

孔子が魯の指揮者たる大師に音楽の話をした。私にも音楽は分かる。最初の出だしは翕如、それを受けて純如、今度は急転して皦如、おしまいに繹如としてそれで終りですね。

中国らしい四つの波、四季や四言絶句の起承転結から意味を想像するしかない、とのことです。次に加地伸行先生の訳を挙げます。こちらが分かりやすいかも知れません。

老先生は魯国の音楽長官に音楽とは何かをこう主張された。「音楽とは別に難しいものではない。演奏し始めると、音色が集合し調子が合う。そこで各音の調子を暢ばすと(自由にしてゆくと)、各音それぞれの音色が大きく現れるが調和を保つ。さらには音声が明瞭となる。〔となると各音が独立してしまいそうになるので〕各音を連続させつないでゆく。こういう風にして完奏させるのだ」と。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする