八佾篇第三-24.儀の封人まみえを請うて曰く。

スポンサーリンク

現代語訳と原文・読み下し

〔孔子が弟子と共に放浪の旅に出たときのこと。衛国には〕儀の〔町から入りました。〕関守が先生に面会を求めて言いました。「本官はこれまで、身分ある方がここを通る際、役目としてお会いせぬ例はない。会わせたまえ」。
弟子が先生に会わせました。〔一室で先生と何か話しています。〕しばらくして出てきた〕関守が、弟子一同に言いました。「二三子きみたち、先生の辞職をくよくよ嘆いてはいけないよ? ひどい世の中になってずいぶん長くなった。だから天は、先生を正義の伝道者にしようとしているのだから」。


儀封人請見曰。君子之至於斯也。吾未嘗不得見也。從者見之。出曰。二三子。何患於喪乎。天下之無道也久矣。天將以夫子爲木鐸。
封人せきもりまみえを請ふて曰く。君子ここ至る、吾未だかつて見を得るなきなり從者ずさこれを見しむ。出でて曰く。二三子。何ぞうしなうれへん*。天下道無き、久しくなりなん。天まさ夫子せんせいを以て木鐸ボクタクらしめんとす。

スポンサーリンク

語釈

封人

「封」は寸=手で土を積み重ねた象形。土塁で囲った境域で、領主に任命することを封じると言った。その土塁の出入りをあらためる関所役人が封人。

二三子

年下または目下の人々に、親しみをこめた呼びかけ。諸君、君たち。

木鐸

銅鐸によく似た、打ち舌が木製の鐘で、柔らかな音が出る。政令発布の際に鳴らした。

解説

伝統的解釈に異議はありません。
八イツ第三-24_1_孔子入関図

武装集団だった孔子一行

白川先生によれば庶民はともかく、貴族の亡命はそう簡単ではなかったようです。政治犯の疑いが濃厚にあるからです。だから当時の国はスカスカではあっても、街道には関所がありました。通れそうな道は限られていたからです。そこを孔子は無事に通過しています。

孔子の出国は魯国にとって、無関心だったことが読み取れます。従って逮捕の要請は出ていなかったのです。そこで関守は番所で話すうちに、すっかり孔子に参ってしまったようです。高圧的に「会わせろ」と要求し、会ったあとでは弟子に親しみを込めて呼んでいるからです。

ここで孔子の一行は武装しています。武芸自慢の子路が、最年長であることからも一行の先頭に立ったでしょう。実際一行は、このあと何度か包囲され、そこを強行突破をすることになりました。『史記』孔子世家では蒲での市街戦を「闘うこと甚だはげし」と記しています。

儀とはどこか

百度百科では、儀は現在の開封カイホウ市西北だそうです。戦国時代には大国・魏が都を置き、大梁タイリョウと呼ばれました。それゆえ魏は梁とも呼ばれました。隋代建設の大運河では、黄河との接続点になりました。その結果物資の一大流通拠点になり、北宋はここを帝都に定めています。

論語地図_003

儀=開封とした地図 Background:Google Earth

一方『孔子辭典』では、儀は衛国の西北国境だと言います。すると現在の開封ではあり得ません。当時衛国は、西隣の晋国から圧迫を受け、のちに東へ次々と移転する悲哀を味わいましたが、当時はやり手の霊公が国を守っていましたから、やはり儀は現在の開封と思われます。

なおここでは、本章の出来事を孔子が魯から衛に亡命する際としたのは、伝統的解釈によるものです。魯出国後の孔子は、主に衛を拠点に諸国を巡りましたから、必ずしもどの時点かは定まりません。ただ亡命時と解するとドラマチックなので、伝統的に解されたのでしょう。

そもそも儀のまちが衛領だとしたのが、孔子より600年以上も後に生まれた後漢の鄭玄です。それも「多分衛のまちなんじゃない?(蓋し衛の邑なり)」と言っているだけですから、位置を特定しようとするのが野暮なのでしょう。

付記

伝統的解釈

儀の関守が先師に面会を求めていった。有徳のお方がこの関所をお通りになる時に、私がお目にかかれなかったためしは、これまでまだ一度もございません。お供の門人たちが、彼を先師の部屋に通した。やがて面会を終って出て来た彼は、門人たちにいった。諸君は、先生が野に下られたことを少しも悲観されることはありませんぞ。天下の道義が地におちてすでに久しいものですが、天は、先生を一国だけにとめておかないで、天下の木鐸にしようとしているのです。

*他動詞「うれふ」は上二段活用とされますが、自動詞は下二段で、上二段は近世の版本の誤りともいわれています。

衛霊公と南子と腹違い?の太子。(再生時間2:09)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする