為政篇第二-4.われ十有五にして…

スポンサーリンク

現代語訳と原文・読み下し

先生が言いました。「私は十と五つで学問をしようと思い立った。三十になって、自分の意見が言えるほどになった。四十になって、意見に自信が持てるようになった。五十になって、天が与えた使命を悟った。六十になって、人の話を素直に聞けるようになった。七十になってからは、好き放題に振る舞っても、世間の決まり事からはみ出るようなことはなくなったよ。」


子曰。吾十有五而志于學。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而從心所欲、不踰矩。

子曰く。われ十有五にて學に志す。三十に而て立つ。四十に而て惑はず。五十に而て天命を知る。六十に而て耳順ふ。七十に而て心の欲する所に従ひて、のりえず。

スポンサーリンク

語釈

藤堂説では「不惑」を「とらわれず」と読み、心が狭い枠にとらわれないこと。「或」は「域」(一定の枠内)の元になる字。「四十にして…」以降は、次第に自由な境地へと進み、狭さ・固さが取れていくことを述べているとする。

天命

宮崎説では、論語当時の天は、まだ正義の執行者になっていないとし、「それは全く未知の、しかも恐るべき力を持った存在」という。

われ十有五にして…1藤堂説では、「巨」は取っ手のついた差し金、ノギスのこと。「矢」はかつて物差しとして使われた。二つ合わせても意味は同じ。転じて「基準」「かどめ」「コース」「枠」。

解説

今回、伝統的な読み下しと解釈に、異議はありません。
われ十有五にして…1
それら過去の解釈に面白いのがあって、東洋学の第一人者だった、故・宮崎市定京大名誉教授の説があります。六十、七十の孔子先生は体が衰えて、耳も遠くなったし体が言うことを聞かない、それを嘆いているというのです。老境の宮崎先生は、孔子に同情したのでしょう。

孔子の生涯

さて孔子が回想の通り、15(数え年。以下同)で学に志したのはその通りとして、「而立」した30の頃に、学問が他人にも認められ、初期の弟子を取り始めたとされます。しかしのちの孔子塾の開塾とまではいかず、家庭教師や非常勤講師といった程度でしょう。

その後40までの10年間、おそらくは門閥家老・孟氏のもとで部下として働いていたでしょうが、34で殿様から奨学金を貰い、都の洛邑に留学しました。しかしその後は多難で、翌年は故国魯の内乱により国外逃亡、逃亡先の斉でも命を狙われ、ふたたび国に戻りました。

この頃までに主要な弟子が揃い、51でやっと官職らしい仕事、地方都市の代官(中都の宰)となります。そこで業績を上げて翌年には、大司コウ=奉行職に昇進、家老格となる得意の絶頂にありました。しかしそこで天命=復古的政治革命を起こそうとしたことにより、失脚します。

それは55の時で、衛・陳といった北の小国を回って一旦魯に戻り、58から晋・楚といった大国に足を向けます。その間弟子一行と共に死の危険に遭うこと数度、50・60代は孔子にとって、政治家としての頂点から諸国放浪というどん底まで、大波を味わった時代でした。

その苦労が「耳順う」結果となったのでしょう。「帰らんかな」と言って68でやっと魯に帰った孔子は、以降弟子の指導と古典研究に専念し、魯の朝廷に籍は置いたものの、非常勤の相談役に止まりました。70で息子に先立たれ、そして73で亡くなりました。

それでも73まで生きた孔子は、当時としては超人的な長寿でした。当時の平均寿命は、庶民で約33だそうです。一方貴族階級はそれより長かったはずですが、孔子は貴族階級と言っても出身は低く、その後もたびたび食事に事欠いていますから、やはり超人と言えるでしょう。

その万能の超人が40になるまで、自分の意見に自信が持てず、50になるまで自分探しを続けていたのですから、後世の凡愚たる訳者などは、気楽に過ごしたいところです。

付記

伝統的解釈

先師がいわれた。私は十五歳で学問に志した。三十歳で自分の精神的立脚点を定めた。四十歳で方向に迷わなくなった。五十歳で天から授かった使命を悟った。六十歳で自然に真理をうけいれることができるようになった。そして七十歳になってはじめて、自分の意のままに行動しても決して道徳的法則にそむかなくなった。

*https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1026543210

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする