為政篇第二-9.吾、回とかたること終日…

スポンサーリンク

現代語訳と原文・読み下し

先生が言いました。「顔回ガンカイに一日中教えても、はいはいと愚か者のように逆らわない。〔しかし〕私の前を下がってからも私生活を自省し、そこに教えとの関連を見つけてはたいそう満足している。〔そんな〕顔回は愚か者ではない。」


子曰。吾與回言終日、不違如愚。退而省其私、亦足以發。回也不愚。

子曰く。われカイかたること終日ひねもしたがることおろかなるがごとし。退しりぞわたくしかえりみおほいさとりもって足れり。回愚なら

スポンサーリンク

語釈

發(発)

吾、回とかたること終日…1

解説

伝統的解釈には、誤訳があると思われます。

顔回は孔子最愛の弟子でした。あざなの子エンから顔淵とも呼ばれ、歳は孔子より30ほど下。手腕では弟子中随一だった子貢も、顔回には敬服し、「自分はとてもかなわない」と言っています。徳の実践にすぐれ、質素に暮らし、孔子より先に亡くなって師を泣かせました。

「退而省其私、亦足以發」の解釈

「退而省其私」直前の「違わない」主語は顔回ですから、退くのも省みるのも顔回となります。伝統的解釈のように、一句の中で主語を入れ替えて読むのは、そうしなければ解釈できないときにだけ、許されるべきでしょう。従って私生活を細かく見ているのは顔回自身です。

「亦足以發」も主語は顔回で、「おおいに足りている、発見(=發)によって(=以)」と解釈できます。師の孔子をも啓発させるだけの人物だったという従来の解釈は、あり得はしますが文法的に無理であり、顔回に過剰な装飾を加える儒者の作りごとを感じます。

さて孔子の教えを大別すると、知識や技能の教授と、精神的な感化に分けられます。しかし後者を理解する弟子は少なかったはずで、それだけに孔子は顔回を褒めたわけです。つまり顔回が自分について師の教えにかなうか省みているのは、「礼」なら作法の条文ではありません。

その精神を実践できているかどうかです。技術を口で説明することは出来ますが、そのココロは稽古を通じて、弟子自身が「あ、そういうことか」と気付くほかありません。おそらく孔子は、技術はできてもココロの伴わない大勢の弟子に、内心うんざりしていたでしょう。

だから自分でココロに気付こうとし、気付きに喜んでいる顔回は、「愚」な弟子ではなかったのでした。なお顔回の没年には諸説あり、40ほどとする説もあります。しかし孔子が魯の哀公に亡き顔回を語ったのは58歳の時ですから、やはり30前で亡くなったとすべきでしょう。

なお藤堂先生は伝統的な解釈をしていますが、調子のよい読み下しなので引用します。

われ回と終日ひねもすものいう、さからわざること愚かなるがごとし。退いてそのひとりるに、た以て發するに足る。回や、愚ならず。

付記

伝統的解釈

先師がいわれた。回と終日話していても、彼は私のいうことをただおとなしくきいているだけで、まるで馬鹿のようだ。ところが彼自身の生活を見ると、あべこべに私の方が教えられるところが多い。回という人間は決して馬鹿ではないのだ。

国外逃亡のお供を志願する顔回(再生時間1:20)。

訳:
「先生!」
「顔回よ、なぜそなたがここに?」
「先生は我が確たるお師匠、弟子はその影です。回は先生にお供致します。」
「ああ、すでに言い聞かせたではないか。わしはどこで野垂れ死ぬかわからぬ身。」
「先生!」
「顔回よ。そなたには才能がある。官職に就き、大志を成就するのだ! わしについてくれば子を捨て、郷里の希望を失うことになる。きっと後悔することになるぞ!」
「いいえ…決して後悔など致しません。」
「はー。」

以下、訳者のメモです。
『史記』仲尼弟子列傳・顏回
顏回者,魯人也,字子淵。少孔子三十歲。
回年二十九,發盡白,蚤死。孔子哭之慟,曰:「自吾有回,門人益親。」
魯哀公問:「弟子孰為好學?」孔子對曰:「有顏回者好學,不遷怒,不貳過。不幸短命死矣,今也則亡。」
※史記全文中、他に「回年」の用例無し。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする