為政篇第二-23.十世知るべきや。

スポンサーリンク

現代語訳と原文・読み下し

張先生が問いました。「十世代のちの事がわかるものでしょうか?」

孔子先生が答えました。「殷は夏のしきたりに従ったが、時代に応じて変えた所もあって、それはわかっているだろ? 周は殷のしきたりに従ったが、同様にわかっているだろ? もし周が滅んだ後も同じだろう。だから、百世代のちでもわかるものだよ。」


子張問。十世可知也。子曰。殷因於夏禮、所損益可知也。周因於殷禮、所損益可知也。其或繼周者、雖百世可知也。

子張問ふ。をへたる世を知る。子曰く。インうやののりるも、損益たしひきする所を知る可きなり。周は殷の禮に因るも、損益する所を知る可き也。其れはた周をぐ者、ももへたる世といへども知る可き也。

スポンサーリンク

語釈

藤堂説によると、最も古くは、木の若枝が生えているさまを表した文字。1世代=30年で、これは発掘調査の結果分かった、当時の平均寿命とほぼ一致する。

損益

もとは窪んだり、ふくらんだりする事。「員」は「円」の古い字形で、円い器を意味する。その窪んださまから、窪むこと。手偏が付いて、窪ませる事。次いで、壊す、損なう。
為政第二 23_003

解説

伝統的解釈に、大きな異議はありません。

人の世には、変わらない原則=礼がある

本章での孔子には、二つの確信があります。一つは、過去を学べば未来がわかる、ということで、もう一つは、世の中は時代と共に変わっていくが、根本は変わらない、ということです。「ワシには何でもお見通し」と孔子が大言壮語したと取るのは、やや気の毒に思えます。

それより本章は、質問者の子張の個性に合わせた指導と解してみようと思います。論語の教説に時に矛盾らしく思われる箇所があるのは、質問者によって教えを変えたからです。さてここで子張も知るべき中国最古の王朝が、夏であったとするのは論語の時代も同様です。

それが滅んで殷→周へと王朝が代わったのですが、孔子の時代には周の権威は衰えて、各地の殿様が、日本の戦国大名同様に滅ぼし合っていました。つまり戦乱期だったわけですが、論語の時代には群雄割拠とまでは行かなくて、原野に点在する都市国家の連合同士の戦いです。

そうした時代を孔子自ら記録して、『春秋』という本を書いたとされます。ですからこの時代を春秋時代と言い、農工具として鋳物の鉄器が出現しています。その威力で経済が拡大し、あまたあった独立都市や村がすっかり併合されて、大きな領域国家が競う戦国時代になります。

為政第二-23_1

※横幅=650年。

その七つの大国が、戦いのたびに何万何十万という戦死者を出し、最後は西の果ての秦が天下を統一しました。戦国の世から見れば論語の時代の戦争は、いなか大名の切り取り騒ぎに過ぎなかったかも知れません。しかし当事者の孔子にとって、嘆かわしいには違いありません。

学者は不易を求めてよい

こんな争いの無かった、周の盛時が慕わしいと孔子は考えました。従って周のしきたり=礼に皆が従っていた時代に帰れと、声をからして主張したわけです。孔子は周の「礼」に、不変の原則を求めたのです。その不変の原則を漢語で「不易フエキ」、と言います。

どんな世の中でも通用する原則を身につければ、どんな世の中でも生きていけるでしょう。少なくとも、より賢く、より生存の確率を上げる事が出来るでしょう。それが人間だけが持つ、変転止まない宇宙への抵抗力だからです。孔子が子張に説いたのはそれでした。

子張は頭はいいのですが融通が利かず、「こんな子は役人にすると殺されてしまう。学者にした方がいい」と孔子が思った弟子です。政治家と異なり学者は、本章のような長い時間を考えても許される立場です。学者向きの子張には、不易の原則を求めなさいと教えたのでしょう。

その通り、子張は学派が残るほど立派な学者になり、不幸な死に方は記録に見あたりません。

付記

伝統的解釈

子張がたずねた。十代も後のことが果してわかるものでございましょうか。先師がこたえられた。わかるとも。殷の時代は夏かの時代の礼制を踏襲して、いくらか改変したところもあるが、根本は変っていない。周の時代は殷の時代の礼制を踏襲して、いくらか改変したところがあるが、やはり根本は変っていない。今後周についで新しい時代がくるかも知れないが、礼の根本は変らないだろう。真理というものは、このように過現未を通ずるものだ。従って十代はおろか百代の後も予見できるのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする