里仁篇第四-5.富と貴きは…

スポンサーリンク

現代語訳と原文・読み下し

先生が言いました。「財産と高位高官は、もとより誰でも欲しがる。しかし人の道に従わずに得たのなら、受け取ってはいけない。貧しさと身分の低さは、もとより誰でも嫌がる。しかし人の道に従わずに得たのなら、甘んじて耐えなさい。それより諸君、苦楽どんなときでも、決して思いやりを忘れない自分であるよう、名を惜しみなさい。立派な人間は食事の間でも、慌ただしい時にも、天地がひっくり返ったような洪水の時にも、必ず思いやりを忘れないものだよ。」


子曰。富與貴、是人之所欲也。不以其道得之、不處也。貧與賤、是人之所惡也。不以其道得之、不去也。君子去仁、惡乎成名。君子無終食之間違仁。造次必於是。顚*沛必於是。
子曰く。富貴きは、是れ人之欲する所也。其れ道を以て之を得不らば、ら不る也。貧き與賤きは、是れ人之にくむ所也。其れ道を以て之を得不らば、去ら不る也。君子は仁を去りて、いづく名を成さん。君子はじきを終ふる之間も、仁に違ふ無し。造次あわたたしきにも必ず是にる。顚沛でみづにも必ず是に於る。

*宮内庁蔵・南宋版『論語註疏』に従い、巓を顚に改めた。

スポンサーリンク

語釈

造次

次=しゃがんで身の回りをそそくさと片付けること+造=行う。

顚沛テンパイ

顚=脳天(がひっくり返ること)、沛=一面の沼地・洪水。つまり天地がひっくり返るような大洪水。顚に山が付けば巓=山頂、または山頂の平地。

解説

伝統的解釈に大きな異議はありません。

原文に疑いあり?

今回、原文通りに読もうとすると対句の訳が揃いません。

  • 不以其道得之、不處也→なるべくしてなったのでなければそこにいない
  • 不以其道得之、不去也→なるべくしてなったのでなくともそこを去らない

無理に揃えるとして、もし上段に揃えるなら「そうなる理由があるなら去らない」になってしまい、わけがわからず、下段に揃えるなら「事情にかかわらず富貴を受け取らない」になってしまい、これも意味が通じません。従って下段は、誤って「不」が付いた可能性があります。

  • 不以其道得之、不處也→なるべくしてなったのでなければそこにいない
  •  以其道得之、不去也→なるべくしてなったのなら   そこを去らない

正当な利益は受け取らず、理不尽な不利益も受け入れると解するのは、サディストの朱子が聞けばいかにも喜びそうなマゾヒズムですが、当の孔子は事が自分の手に負えなくなるまで、戦ってでも運命にあらがう、その点は普通の人でしたので、無理があると思います。

しかし加地伸行先生は「不以其道得之」を「正当な方法を用いなかった結果であるならば」と解し、人の道に外れて貧賤を得た、だから甘受すべきと解釈します。「道あるにつきて正す」(学而14)を主張した孔子の言葉としてふさわしいので、今回はこれに従いました。

さらに加地先生は、吉川先生と同じく「顚沛」を倒れるときの瞬間と解し、

常に〔仁に寄り添うと〕いうことを、「終食の間」・「造次」(急遽)・「顚沛」と、しだいに時間が短くなってゆく例を挙げて強調していっている

と言いますが、こちらは藤堂先生に従い、大洪水と解して従いませんでした。なお宮崎先生は「真逆の時」、宇野哲人先生は、「事変に遭遇してさまよい歩くこと」と解しています。

中国の洪水

現代日本人は津波を見るまで想像し難かったことですが、黄河の顚沛=洪水はそれこそ100km単位で綺麗さっぱり何もなくなります。このためその流路も時代と共に変わり、直近では日中戦争時代に、日本軍を食い止めるため中国軍があえて堤防を切り洪水を起こしています。

黄河の流路変遷

Background:©Google Earth

だいたい洛陽から開封あたりをかなめにして、黄河が好きなように暴れ回った姿を想像できますが、その地域が本来の山東=太行山脈以東であり、中原と呼ばれた大平原です。黄土のおかげで肥えてはいますが、いつ大洪水があるか分からないので、小国が乱立しました。

だから高い島状の山東半島にあった斉が、春秋時代最初の覇権国となったわけですし、それを引き継いだのは南下する黄河の東側、太行山脈に拠る晋でした。それらに対抗したのが長江流域の大国・楚で、その衰えに乗じて長江下流域の呉と越が急成長して覇を唱える。

孔子の時代は、そのような国際情勢にありました。

付記

伝統的解釈

先師がいわれた。人は誰しも富裕になりたいし、また尊貴にもなりたい。しかし、正道をふんでそれを得るのでなければ、そうした境遇を享受すべきではない。人は誰しも貧困にはなりたくないし、また卑賤にもなりたくはない。しかし、道を誤ってそうなったのでなければ、無理にそれをのがれようとあせる必要はない。君子が仁を忘れて、どうして君子の名に値しよう。君子は、箸はしのあげおろしの間にも仁にそむかないように心がけるべきだ。いや、それどころか、あわを食ったり、けつまずいたりする瞬間でも、心は仁にしがみついていなければならないのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする